好きな人とは

恋愛論

テラスハウスを見ていると人を好きになるということがどういうことか考えさせられます。

人を好きになるということ

大変恥ずかしい話ですが、正直に言うと32歳の僕は今現在、人を好きになるということがどういうことかわかりません。

てっちゃんが、”おっぱい揉みたいなら好き”なのか?みたいなことを言っていましたが、それはきっと違うんですよね。

僕はおっぱい揉みたいから付き合う、エッチするということを繰り返してきた人生なので、32歳にもなって人を好きになるということがわからないのだと思います。

でも、テラスハウスをひたすら見ている今、その理由がわかりそうな気がしています。

好きな人の意味

単純に言葉の意味をとらえると、

「心がひかれること」

「気に入ること」

ということになります。

goo辞書で上記のように書いてありました。

 

さらに調べてみると、

以下のサイトに辿り着きました。

 「好き」まとめ

このサイトでは好きという感情についてまとめられていて、たしかに書いてある通りだと思います。

 

いろいろ考えてみた結果、相手のことを唯一無二だと思うことが、本当の「好き」ということなのではないかと僕は感じました。

 

性的欲求を感じる相手ってたくさんいますよね。

テラスハウスメンバーも同じはずです。

でもテラスハウスにでている人の多くは簡単に付き合うことをせず、自分のパートナーをかなり慎重に見極めています。

僕はこれまでそんなに相手のことをしっかりと見極めた上で付き合うことがなかったので、彼らはとてもかっこいいなと感じました。

でも、僕は相手のことを唯一無二だと感じたことが今までないです。

なぜ唯一無二と感じる相手と出会えないのか?

本当に好きな相手が見つからない(唯一無二だと感じる相手が見つからない)のは、単にそう感じる相手とたまたま出会っていないだけなのでしょうか。

32年も普通に生きてそんなことは有り得ない。

自分の心に問題があると感じました。

理想の相手を知らず知らずのうちに求めているんだと思います。

僕は今まで付き合う相手に求めていたことを全て捨て去り、本当に好きな相手に当てはまる条件を出してみました。

唯一無二だと感じるための条件

1.いっしょにいて居心地がいいか

2.性的に魅力を感じるか

簡単にまとめると上記2点なのではないかと思いました。

1が最も重要な部分で、1を満たした上で2も満たせば、その相手を唯一無二のパートナーであると思える気がします。

 

これまでは性格や容姿、性的な部分で自分の理想に近いかどうか?で判断していた為に、今まで1人も好きな相手に巡り合えていないんだと思います。

 

こういうことを考えさせてくれるテラスハウスって本当に人生の勉強になる番組です。

神。

コメント